歌に魅せられて

アクセスカウンタ

zoom RSS 春用香水(2015年その1)

<<   作成日時 : 2015/03/20 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「め・目がーーーっ」


痒いです・・。辛い人には本当に辛い、本格的な花粉症の季節がやってまいりました。

ということで通常休日は家に閉じこもる場合が多いのですが、そろそろ春用の香水を購入しないとということで街に行ってきました。

最近はMen'sだけでなくLady'sもなぜか取り揃えている有楽町の某館などがメイン購入場所になっております。

ちなみに私はLady'sの売り場を通るとパウダリーな香りで酔います・・。なので、こういった場所は貴重なのです。

今回も店員さんに「春用に幾つか選んで下さい」とお願いしたもの、プラス新しく展示・入荷したものから選んでいます。


そして、やはり当日夜は「目がーーっ(TT)」となってしまいましたが・・(;´∀`)


●購入製品

1.HEELEY 「L'Amandière」

画像が全くないと寂しいので今回はこの1枚だけ貼っております

要は面倒くさがりなのです(;´∀`)

画像


幾つかの店舗でしか販売していないとのこと。有名所では伊勢丹新宿店でも扱っています。

日本語訳がないので、ホームページから抜粋(手抜き・・)

A portrait of Spring

Green almond trees in blossom, bluebells, hyacinths, spring flowers, rose, green grass, jasmine and tilia (linden blossom), L’Amandière has a complex structure that is full of life and intelligence. The result is like an olfactive interpretation of an imaginary Spring orchard in which everything is simultaneously in flower.


結構複雑な香り。私的にはシンプルな香りよりもこういった複雑な香りが好みです。

花の香りとグリーン系の香りが交じり合って、春の香りと言う感じです。

面白いのが、店員さんから言われた梅のような香りもするということ。そう言われると確かにそれに近い香りかなとも思います(;´∀`)

上記にあるように、他にも幾つかの花の香りがふわりと柔らかく香ります。簡単に紹介されていた方のブログには開花したばかりのミモザの香りとありました。

意外と香りは持続し、朝に使用して夕方くらいまででしょうか。ラストにかけては多少パウダリーで甘く柔らかい香りになります。

トップからミドルにかけては雑みの少ない爽やかで柔らかな香りでもあるので、香水っぽい香りが嫌な人にも抵抗が少ないのではと思います。私がそうですから。

なお、これは50mLしかないので、少ないと思いながら他も物色したのが以下。


2.MIRKO BUFFINI FIRENZE 「GODS」

これは春というよりもすっきりとした香りとして選択した感じです。ブラックペッパーとベチバーなので当たり前なのですが・・。

同様な成分を含む製品は結構ありますが、こちらは意外と嫌味のないすっきりな感じであり、Men's OnlyでビジネスにもOKかなと。私的にはビジネスのみという感じです。

お試しという感じで30mLを購入。

実際に使用してみてから、普段はほとんど使用しないL'Artisan Parfumeur の「MON MUMERO4」と同じような系統の香りと気付きました(;´∀`)

まあ、こちらのほうは「GODS」のすっきり感と異なり、重めでレザーと理髪店の香りという、まさしく男の香りという感じなのですが・・。

店舗では他にも幾つか試させて頂きましたが、私的にはMIRKO BUFFINI FIRENZEはちょっと癖のある感じがするので、自分の好みには合わないかなと感じます。


3.Maison Francis Kurkdjian Paris 「À la rose」

これはLady'sものです(;´∀`)。「L'Amandière」もそうなのですが・・。Men'sはなぜか好みの製品が少ないです。

いかにもMen'sという香りが多いからでしょうか。もちろん幾つかは所有していますが、あまり使用しません。


他にもバラ系は幾つかありましたが、その中では一番柔らかい香りであり、バラだけでない香りも感じられたのでお試しにということで。

葉や茎も含めた自然に近い香りという点では、HEELEYの別製品のほうが個人的には好みではあります。

実をいうとどちらを選ぶかでちょっと迷いました・・。

バラの花という感じの香りなら他にも色々ありますが、これはシンプルでもバラ園の中での香りという感じです。


そのHEELEYと異なり、ふわりと香るローズとは別の甘い香りも混じり、上品な香りです。その甘い香りも含めて香水っぽいと捉えるかどうかで好みが分かれそうな感じではありますが・・。自然というイメージ感ではないとは思います。

女性がつけていれば品のあるように思え、私的には好感がもてる香りです。

以下、代理店の説明より抜粋。

希少なグラース産センティフォリアローズとトルコ産ダマセナローズの2種類のバラの香りを贅沢に使った香り。弾けるトップノートは、カラブリア産ベルガモット、シチリア産レモン、カリフォルニア産オレンジ。ミドルではスミレの花が心地よくまろやかな香りが加わり、ラストノートではシダーウッドがやわらかくたちのぼります。

「トップはほぼ紅茶に入れるものだな・・」と思うのは私だけではないはず(;´∀`)

含まれている成分を見れば判るとおり、多少爽やかさもありますので今から梅雨の時期までは使える製品だと思います。

こちらは70mLとちと量が多いので恐らく使い切れないでしょうが・・。


今回は色々と買い過ぎたような感じ。しかしCREEDの新製品など、あと1つ2つは試したい製品もあるのが悩みどころです。


ではまた〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
春用香水(2015年その1) 歌に魅せられて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる