歌に魅せられて

アクセスカウンタ

zoom RSS ブーツ(John Lobb 「Jodhpur II」 Pewter Suede )

<<   作成日時 : 2014/12/22 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

購入してからそこそこ経ってしまったのですが・・(;´∀`)

今年の秋冬用の靴は「持っていない型のブーツを購入してみよう」と思い、9月くらいから幾つかの店舗を巡っていました。

そして、最近ようやくブーツを履ける季節感に。


ということで、

画像


画像


※画像はJohn Lobbのサイトより拝借させて頂きました。

John Lobb の「Jodhpur II」です。


あまり感想もなかったようなので、とりあえずアップしてみました。

ちなみに購入したのは9月で、店員さんからは私が店舗をたまたま覗いた週に店頭に展示したんですよとのこと。

プライベート用にとアッパーは Pewter Suede を選択しました。他にもBlackとDarkBrownのMuseumCalfがありましたが、Suedeだけが気になったので試し履きもしていません・・(;´∀`)


なお、John Lobb のウェブサイトでは Tobacco Suede も選択肢にあったので実物を見たかったのですけど、伺ったところ国内直営店での今回の入荷では扱っていないとのこと。直営店以外なら入荷するでしょう。

画像


Tobacco Suede は発色が綺麗ですよね。主に秋に映える色でしょうか。Suedeの色だけで選ぶなら、こちらのほうに先に目がいく方や選ばれる方は多そうです。

この色自体は良いとは思いますが、発色が綺麗な明るい色は履きこなすのは難しいとも思っています・・。


Pewter Suede は秋口から春先まで使えそうな色合いかなと。

こちらはストラップが Pewter よりも明るく優しい色であることから、靴全体での印象はどちらかと言えば落ち着いて柔らかな感じになっていると思います。

上品なバランスに仕上がっているので、その印象に合うようなアウターやパンツを選択すると良い感じにまとまります。


今回は、たまたま店舗を覗いた際に展示してあるのを見つけたので、「試し履きだけさせて頂いてもよろしいですか?」と事前に店員さんにお話しすると「どうぞ遠慮なく」というでしたので、まずは履いてみました。

しかし店内で履いて歩いてみたところ、最終的には自分から「購入します」といった展開に・・(;´∀`)



では、以下感想になります。

ジョッパーブーツは初めての購入です。今回はどなたかの購入前のご参考になればという感じの記載にしています。


●概観や革

○デザイン

購入までは考えていなかったので、当然ですが以前のJodhpurと何が違うのか等も全く知りませんでした。

購入後に色々とウェブで見比べてみると甲から上部分は1枚ではなく切り返しているところが異なっています。後はストラップ用のループがサイドに付いているところくらいしか私には判りません・・。

私的には甲までのっぺりとしたのはあまり好みではないし、ジョッパーはどのメーカーでも同じように見えてしまいます。

そういう点では切り返しの入った今回の製品はデザイン的には悪くはないとは思うものの、「切り返しではなく、ludlowのようなスキンステッチでのデザインであれば良かったなあ」とは思います。


○型

型は現在主流と言われる7000番ラストを使用しているそうで、例えば9795番ラストの「William II Boot」と比べると当たり前ですが踵等全体的にタイトな履き心地になります。

また、全体的な印象としては8695番ラストのJodhpurと見比べたり、実際に履いて眺めてみてもシャープなラインです。

それでも甲高の私にぴったりなので、普通の人にとっては甲部分はそれなりにゆとりもあるのではとも思います。

なお、サイズ感ですが私の場合は他のメーカーであれば大体8でEワイズです。今回は7ハーフがぴったりのサイズでした。


○革質

実際の革質ですが、厚みがそれなりにあるにもかかわらず履くとかなり柔らかに感じます。Suedeの毛並みもそこそこあることからか手触りも良い感じです。

アッパーのSuede自体の厚みが1mmはあり、ライニングも含めて2mm近くあるでしょうか。

店員さんが説明してくれたのですがストラップもリバーススエードを使用していて、それが肉厚で柔らかいこともあって使い易い。これは履く時に実感できます。

画像



○仕上げ等

私の購入した個体では縫製や細かい部分の仕上げ等も「これなら納得できるかな」というくらいの仕上げでした。

例えばストラップのような細い部分の縫製は、等間隔できっちりと仕上げられています。後はアッパーとライニングの縫い合わせなども良いように思います。


○その他

シューツリーは付属していません。合うものを探す大変さは過去に経験していますので、今回は店員さんに選んで頂いたシューツリーを同時購入しています。



●脱ぎ履き

紐靴に比べると面倒そうに見えますが、前後でパカッと開き且つSuedeの柔らかさもあって履くのは意外にも時間が掛かりません。

履き方に慣れれば、先に記載した柔らかいリバーススエードのストラップも締める際には扱い易いと思います。


逆に脱ぐのは踵が小さめで多少タイトな7000ラスト、且つ慣れないせいもあってか最初は大変でした。気を使って丁寧に脱ごうとしましたが踵周りもタイトなことから自分だけでは脱げず、

「ぬ・脱げない・・」 という状態に(;´∀`)

店員さんからの「履く時と同様に開けて足首を曲げて脱ぐと楽に脱げますよ。」という指摘に従うとやっと脱げました。楽にではないですけどね・・。これは自分の足にフィットしたブーツであればしようがないかと。


脱ぎ履きはストラップで多少手間が掛かりますが、ダブルモンクの製品よりもストラップ1つだけなので、比べれば私的には楽だと感じます。



●履き心地

先に記載したとおり、これで購入を決めたようなものです。

以前に感想を記載したMARMOLADAのFG105「ELEFANTE GRIGIO」でも感じた、足が柔らかく包まれるという感じで安心感があります。

型が細目のせいもあることからつま先部分は若干きつめという印象はあるものの、それ以外は甲高な私の足にも綺麗にフィットします。

特に踵はほぼぴったりで、私には「William II Boot」よりもよりフィットしているという感じです。


アッパーがSuedeであること、そしてソールがシングルレザーということもあり、歩いてみて久しぶりに


「すごく歩きやすいっ!!」 という感想を持ちました(^^)


私は通常プライベート用では歩いた時の安定感を求めてビブラムソールの靴を良く買い求めます。特にシングルソールの靴はビジネス以外ではあまり買い求めません。

しかしながら、意外にも「Jodhpur II」は安定感もあって歩き易いのにはちょっとびっくり・・。

ちなみに、ストラップの締め具合も店員さんからの指摘で調整してみることに。デフォルトより1つだけ締めるとさらにフィット感が良くなります。


当初、ソールはオクトーバー・ソールのほうが歩く際に安定した印象を持てそうだと思って、試し履きをして良ければ色の選択も含めて来年の by request で注文しても良いかなと考えていました。

で、「試しに履いてみますか?」とのことでSuedeでオクトーバーソールの「William II Boot」も履いて歩いてみましたが、「なんかバタバタとした歩き方になっているなあ・・」と感じます。ダブルソールだとこんな感じはしないのですが・・。


相談してみると「シングルソールのほうが返りも良いし馴染みも早いので、歩き易さという点では非常に良いですよ。人それぞれですが、シングルソールで履き心地が良いと感じるならオクトーバーソールはあまりお勧めはしません。」とのこと。

当たり前ですが、まずは履き心地です。当初の履き心地に違和感があると結局履かなくなるのは何度も経験しています。これは洋服の着易さでも一緒です。


結局、ここまで良いと感じてしまうと来年の by request まで待てないと思い、「購入します」となってしまったわけです(;´∀`)


○購入後

既に購入後は数度履いていますが、特に甲の部分の当たりも柔らかい為に楽で疲れにくいです。ストラップ1つで締め具合が簡単に調整できるし、慣れるまでは若干緩めで締めていますが違和感なく歩けます。

通常は、履き慣れない靴だと歩いていて何度もつま先を擦ることになるのですが、予め履く前に手で軽く曲げることを何度かしておいたこと、またシングルソールであることから返りも良い為に今回は少なかったです。

さすがにつま先部分はまだ若干きつめなのですが、靴づれ等もない為に1日中履いていても問題はありません。

この分なら雨の日以外はかなりの頻度で履きそうな感じです(;´∀`)。改めて購入して良かったと思っています。



●余談

この前2014年のイヤーモデルも試し履きしに行ってきましたが、微妙にサイズが合わず・・。

7だと踵の収まりも含めてびったりなのですが小指部分がかなりきついのです。逆に7ハーフだと踵が抜けるし。

革質はなかなか良かったのでちょっと残念。



●最後に

今回はたまたま入荷したばかりで自分に合うサイズもあり、試し履きをさせて頂いたら非常に良かったという巡り合せになりました。

「色が好みかどうか」「デザインがどうか」ということ以上に、「自分の足に合う履き心地の良い靴」ということで購入した「Jodhpur II」。

厚めで柔らかいSuedeの革質の良さも要因なのですが、久しぶりに既製品では満足度が高い製品です。

7000番の型が合うようであれば、一度試し履きをさせてもらってみては如何でしょうか?


ではまた〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブーツ(John Lobb 「Jodhpur II」 Pewter Suede ) 歌に魅せられて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる