歌に魅せられて

アクセスカウンタ

zoom RSS Red Quantum Fuse(他Fuseとの交換)

<<   作成日時 : 2014/12/17 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

外が寒い(TT)。誰なんでしょう、暖冬なんで言ったのは・・。

但し、購入した冬服やブーツが無駄にはならなさそうなので、ちょっと安心していたりします(;´∀`)


さて、音が落ち着くまで時間が掛かりましたが、タイトルにあるとおり比較をしてみました。

比較対象はHIFi-Tuningの「Supreme Small Slow Blow」。こちらは私的には多少煌びやかで高域に癖があるものの、それなりに良い製品だと思います。



●前提その1

比較ということであり、どの程度向上したかを記載しているので大したことはないように読めると思います。

自分で読み直してもそう思うので他人ならなおさらかと(;´∀`)

但し、DACでは付属のごく普通のFuseから替えるとかなり変わるようには感じました。特に静寂感とか。

また、こういう交換をするとどうしても本人の好み次第では悪い印象になる可能性もありますので、その変化をどう捉えるかは聴き方や聴くシステムによるかと思います。


●前提その2

向きによって違うようです。もちろん機器によって異なるとは思いますが・・。

文字の正方向では逆方向に比べれば全体的に表現等控えめ、でも音場は広がります。逆方向では全体的に表現等良い方向に向上します。でも音場は現状維持といった感じ。

で、トータルでは逆方向のほうが良かったので、その方向で比較しています。

但し、比較した結果では正方向でもHIFi-Tuningの「Supreme」より私的には良かったと記載しておきます。


●音場感

アンプだとあまり変わらないように聴こえます。もちろん狭いわけではありませんが、現状維持という感じです。元環境では奥方向に深いのですが、それも変化は感じられません。

多少横方向が広がった感じはするのですが、それよりも別の項目が良くなったので結果としてそう感じるのかもしれません。


●実体感

多少上がります。全体的に個々の音の密度が上がったように聴こえます。

低域〜中域まである程度出ているからでしょうか。もちろん低域など締まることは締まるのですが、その程度が締まり過ぎないからというのもあるかもしれません。

また音像が緩く大きくなることもありません。但し、音の厚みという点においてはそれほど変わるようには聴こえません。


●静寂感(S/N感)

私的には空間の見通しがかなり上がり、混濁感・音の歪みも減ったという感じ。声のニュアンスも良く聴こえるようになります。

そして、先の実体感と合わせて上がる感じも良いと思います。

この項目が一番向上したという感じがして、HIFi-Tuningの「Supreme」よりもかなり良くなったように聴こえます。

他の項目にも結構な影響をもつ、この項目の重要性を改めて認識させられます。


●情報量・分離感

オーディオ的には判り易い項目ですが、上がった様に聴こえるという感じです。

音数も増えたように聴こえるのですが、上記の「静寂感(S/N感)」での向上があってこそという感じに思えます。

音の隙間がすかすかだと分離し過ぎるという感じになるのですが、そういうことにもならないように聴こえます。


●音の立ち上がり・下がり

これは比較すれば良くなりました。でも優れているというよりは、これぐらいは欲しいと思う程度でしょうか。


●音の柔らかさ・滑らかさ

絶妙に角を丸めた耳当たりの良い音になった印象です。

音のエッジを研ぎ澄ましたような先鋭感は多少落ちるように聴こえます。私には良い方向での改善にはなりましたが・・。

但し、DAC側は方向を交換して比較してみたわけではない為、なんとなくですがそちらも逆方向のほうが良いのかもしれません。後日入れ替えてみようかと思っています。

聴き易くなったという感じで、高域に癖がないことがそういった印象を与えるのかもしれません。

ある程度の特徴的な音(煌びやかさなど)を求めるのであれば、HIFi-Tuningの「Supreme Small Slow Blow」のほうが面白いと思います。


●温度感

あまり違いはないように聴こえますので変化なしと言ってよいかと・・。


●トータル

良いバランスで向上したといった印象です。一番の向上は「静寂感(S/N感)」。情報量を削って得たものではないことは音数の向上なども感じるとこるから判断できるかと。

あまりうるさくもならず、どこか偏った向上で何かが気になるといった感じもありません。聴いていて安心できる性能といったところでしょうか。


惜しむらくは音場感。狭いとは思いませんし、トータルではHIFi-Tuningと同じか多少広いくらいです。横方向がもう少し欲しいのですが、これは元々の環境のせいかもしれません・・。

それは逆方向での感想であり、正方向では横方向にも広がりますが逆に音の密度感などが下がります。また、全体的に多少奥に引っ込むような印象です。



●最後に

比較結果は総じて良くなったと思います。

また、普通のFuseから入れ替えるのなら、恐らくですがDACやプリのような機器に入れるとより改善度合いが判るように感じます。

私的には不満点がないとは言いませんが、次に別の機器に試すなら現時点ではこれを選択肢するでしょうか。

価格的に問題ないと思う方であれば、試してみるのも面白いと思います。

但し、試すのはあくまで自己責任です。私もこういった電源関係の製品を投入した最初の数日は、機器の電源Offは必ず行なって様子をみることをします。火事にでもなったら大変ですし(;´∀`)


では、また〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Red Quantum Fuse(他Fuseとの交換) 歌に魅せられて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる