歌に魅せられて

アクセスカウンタ

zoom RSS 香水 「Sublime Balkiss」

<<   作成日時 : 2014/06/29 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

だんだんと夏が近づいてきました。気温も比例して上がってきていますね・・。もうそろそろ長袖がきつくなりつつあります。

また、夏になると気になるのが汗の臭いです。まあ、汗止めを使用すれば問題ないということもありますが・・。


で、初めて香水について記載してみようかと・・。

香水に関しては知識等もない素人ですので、今回は個人的な備忘録でもあります。後で読み返してもわかるように内容や表現を考えながら記載したので長くなっていまいました。

関心のない方は今回の記事はスルーでお願いします(;´∀`)


なぜ香水かというと単純に使用しているものが切れた為です。同じ製品を引き続き購入しても良いのですが、自分の好みを色々と確認してみたいと思い今回は銀座の百貨店の売り場に突入してみました。

いつも売り場には近づかないんですけどね。それは「店員さんは皆さん女性で専門ですし、私は知識もないし・・」ということで、要は会話を成立させるのが難しいんです。

当たり前ですがある程度の知識と使用した経験をもっていないと、付け焼刃の知識程度では会話が成立しないのはどの世界でも同じです。

よって、今回は知らないことは素直に教えて頂くつもりで行ってきました。で、突入して購入してきた戦利品?のうちの1つが以下の製品です。

画像


The Different Company の「Sublime Balkiss」。

以下、製品説明からです。


シバの女王の本名"Balkiss"を冠した、美しく神秘的な、「The Different Company」10番目の香り。モダンであると同時にクラシックな面影も併せ持つ。深く暖かいノートを醸し出すパチュリや、エジプト産のスミレの葉の香料(ヴァイオレット)を使用しています。

素人には何の説明になっているのか良く判りません(;´∀`)


最初は売り場に行ってDiptyqueの「L'OMBRE DANS L'EAU」のEDPを試させて頂きました。なぜこれかというとちょっと前まで使用していた製品がL'Artisan Parfumeurの「VOLEUR DE ROSES」だったからです。他にもありますが、最近ではこれをメインで使用していました。

但し、この製品はローズのさりげない香りがトップでのほんの短い時間であり、もう少しだけ香っていると良いなあと思っていましたので他のブランドではどうだろうと予め目安をつけていたこの製品を試させて頂いたのです。

さて、まずはムエットでEDPを嗅がせて頂くと、トップでは強烈なカシスの葉の香りと冷たいローズの香り。事前にネットでは色々と読んでいたものの予想外に強烈でしたのでびっくりです。

「香りが強すぎます・・」と店員さんにお話しして、今度はEDTのほうを試させて頂くとこちらのほうがやはり柔らかくなります。そしてソリッドパフュームも併用すると柔らかさはそのままで香りだけ強くなりますので、私にはそのほうが好みでした。

使用する時期を伺うと梅雨前までくらいでしょうかとのこと。ちなみに試供品も頂いて後日試してみましたが、胸元に使用するとミドルでのローズの香りが結構強いと感じて香りに酔いそうでした。

これは腕とか腰に軽く使用したほうが良いかなと・・。私の肌では最後までローズの香りが残りますしEDTでもかなり持続するように感じました。

個人的にはトップよりもラストでのさりげなく甘く香るローズの香りが心地良いと感じました(ちょっと甘すぎる感もあります)が、ソリッドパフュームのほうがより自然な香りかなとは思います。


その後で「VOLEUR DE ROSES」を使用していたが切れたのでちょっと別のを試してみたいのです、と伝えたところ、専門だけあって時間も掛けずに4つほどローズ系を出して頂けました。軽く100以上はある製品の中から選ぶのはさすがです。

実は一番気に入ったのはPENHALIGAN'Sのものだったのですが、季節はやはり梅雨前までが良いでしょうとのことでしたのでこちらもまた今度と・・。

「Esprit du Roi」という製品でしたがトマトの葉を使用したという面白いもので、そのすっきりとした自然な香りが良かったです。

来年買おうと思ってカタログは頂きましたが他にも良さそうで且つ面白そうな香りも幾つかあったので、今度はこれからの季節で良さそうな製品を含めて色々と試させてもらおうかなと思っています。


そして紹介された中から最終的に選んだのが今回ご紹介する製品です。

複数の香りが入り混じっているように直ぐには含まれる香りが判断できない感じです。しかしながらトップとラストで香りの印象(香りそのものではありません)が変わらないと感じたのも含めて面白いと思い、試しに購入してみました。


以下、私的な感想です。香りを文章に起こすことは非常に難しいです・・。専門でも言葉で伝えるのは難しいとのことですので素人ならなおさらですが敢えて記載してみました。

記載した印象自体の正否は保障できませんが(;´∀`)

トップではブラックカラント(カシス)・ダークベリーとすみれの葉ですが、そのすみれの葉によってすっきりとした印象があるような香りになっているように思えます。そこに僅かながら他の香りが重なるようです。

ミドルとラストで香ると記載されているものがトップでも僅かに香っているのか、それが複雑な香りという表現にも繋がるのでしょうか。意外とミドルでの香りの主張が強いのかもしれません。香りが若干絡みつくような感じもします。

ちなみに含まれる香料は以下のようになっているそうです。

トップ:すみれの葉、ブラックカラント(カシス)・ダークベリー
ミドル:ダマスクローズ、すずらん、ライラック
ラスト:パチョリ、ヒース

好き嫌いが分かれる香りかなと思います。店員さんにご自身で試して頂きましたが女性的な甘い香りの印象になり、ムエットでの印象とは異なりました。

他と被りにくい香りであるとは思いますが、それぞれの香りが立つような香り方ではないですね。なのでムエットでは「面白いけど個人的な好みに合うかどうかの判断が難しい香りだなあ」と思いました。

内容的にはフローラル系になるのでしょうが自然環境での香りという感じではありません。それは考えて作られた庭園で植えられた木々やハーブや花々であり、それらの香りが絡まる場所を切り取った香りという印象でしょうか。


自分の肌でも試しましたがムエットでの印象とはやはり異なり、トップではすみれの葉のすっきりとした香りと他の香りがバランス良く香ります。トップでの香りが今の季節では一番好きですね。

ミドルでは記載通りに花の香りが主張しますが、すっきりとした印象はやや残る感じです。しかし、今の季節ではミドルでの香りが多少好みから外れる感じで、私的には花の香りが甘く且つ若干重く絡みつくように感じるからです。ラストでのパチョリもミドルで若干感じるように思えるからかもしれません。

定員さんの話では季節によって感じ方が変わりますよとのこと。試してみないとわかりませんが季節の気温と湿度でとのことで、それにより引き立つ香りが異なるそうです。

単独での使用ではどちらかというと秋口辺りからが良いかもと個人的には思いました。


さて他にも色々と嗅いでみると、個人的に好みであり且つ落ち着く香りが含まれている製品があることにも気が付きました。

店員さん曰く、「アンバーがほのかに香る製品が恐らく好みなのでしょう」とのこと。そういう方向でも選んで色々と他の製品も試させて頂きました。ある程度以上香ると好みからはずれるようなのは幾つか試してみて判りました。

その中から気に入った製品を2・3品くらい選んで、それらはまた秋口以降にでもお試ししてはどうでしょうとのことでカタログは頂き、それとは別にもう1つ選んで購入しました。

こちらは NOBILE1942 というブランドの製品です。個人的にはこちらのほうが多少軽やかで柑橘系の香りです。

これも合わせて購入しようと思ったのは「Sublime Balkiss」に重ねるとさりげなく爽やかさの増す香りになったからです。「Sublime Balkiss」3に対して、こちらを1〜2くらいの割合で使用してみて下さいとのこと。「あ、これからの季節ならこちらのほうが良いなあ」と思える香りの方向に変わります。

今回はこの2つの香水をセットで使用することを前提とした購入です。


ちなみに最後に良く売れているエルメスの「ナイルの庭」の香りに近い製品もあるとのことで、購入した製品の梱包等を待っている間に香りを確認させて頂きました。

ちなみに良く売れているということは香りが他人と似たような印象になりやすいかなと思い、私自身はそれで興味がなくなりました・・(もちろん肌にのせた時点で香りの印象が変わる可能性はありますが)。

画像


たぶん、この「Un Parfum de Charme et Feuil」だったと思います。こちらは判り易くて、爽やかでさりげなく上品な香りという印象を持ちました。

柑橘系(後で確認するとミドルにグレープフルーツがありました)とハーブの香りです。やはりどこかの製品と被りそうな香りですが、万人受けしそうで無難な製品かなと思います。

EDTなので持続性はある程度しかないかと思いますが、気温が高い時期なら大丈夫でしょうし、これからの時期にも良さそうです。


ここまでで約1時間強・・。「こんなに長時間お付き合い頂いて、色々と有り難うございましたm(_ _)m」とお礼の言葉を述べると、「いえいえ(^^)。色々とお教えできて良かったです。」とのご回答。

大人の対応ですね。例えお世辞での言葉であっても、こういった対応をして頂けるのなら次もここで購入させて頂こうと思えます。次回はPENHALIGAN'Sから選んでみましょう。


久しぶりに面白い体験でしたし行ってみるものです。しかし、素人が選ぶことの難しさも良く判りました。

「自分の好みがどういったものか。その要因は何によってか。」

こういった確認は専門の人に相談したほうが良い世界だなと。また、当たり前ですが自分の好みや考えをうまく組みとって頂ける店員さんがいる場所を見つけないと選ぶことさえ難しいです。

女性では当たり前の香水ですが、男性でも人工の香料には抵抗がある方なら試してみても良いと思います。但し、慣れてしまうとお金の掛かる贅沢な鼻になってしまうという弊害もあります(;´∀`)


ものとしては残りませんが、香りを楽しみ幸せな気分になれるというのも良いものかなと・・。


さて、次回は色が薄めのグレーのジーンズ(ホワイトは抵抗があるので)が欲しいなあと思って購入してきた製品の感想でもと考えています。変わるかもしれませんが・・。

ではまた〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
香水 「Sublime Balkiss」 歌に魅せられて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる